カテゴリー:飲酒運転

1/8ページ

株式会社ジャストライト/福岡/かつては交通戦争/交通事故で亡くなったのは過去最小/人に優しい交通の環境作り

  • 2018.01.17

  悲惨な事故を減らすため、基本思想は「人優先」、事故防止対策   数は減っても、尊い命が奪われている現実に変わりはない。事故防止対策を一段と徹底したい。   警察庁によると、昨年1年間に交通事故で亡くなった人は3694人で、統計が残る1948年以降で最少となった。最多だった70年の1万6765人と比べ5分の1の規模である。   かつては「交通戦争」と呼ばれ、深刻な社会問題となった。当時と数字だけ […]

株式会社ジャストライト/福岡/飲酒運転/死者数0人

  • 2018.01.05

福岡県飲酒運転死者数0人、全国では、交通事故による死者数ワースト9位から10位 福岡県警は4日、2017年に福岡県内で発生した交通事故による死者数は139人だったと発表した。2016年より4人減った。飲酒運転による死者数も6人減り、ゼロとなった。   全国では、愛知県の死者200人がワースト1位。福岡県は、昨年の9位から10位となった。   全国的に交通事故がおき、死者も出てしまっている…。車を運 […]

株式会社ジャストライト/福岡/沖縄/飲酒運転摘発件数/1年間で/2千件超え/取り締まり強化

  • 2018.01.05

  沖縄県、飲酒運転摘発件数2千件超え、取り締まり強化へ   沖縄県警交通部によると、2017年1月~12月27日までの飲酒運転摘発件数は、16年より266件増の2122件となっている。摘発件数が2千件を超えたのは7年ぶり。県警は過去の摘発データを基に、飲酒運転が多い時間帯や場所を分析し取り締まり強化につなげている。   過去に県内で最も摘発件数が多かったのは、1999年の1万4065件で、その後 […]

株式会社ジャストライト/飲酒運転/大阪府警巡査長/口止め/身代わり

  • 2018.01.05

飲酒運転して信じられない行動、口止めや身代わりまで大阪府警巡査長 大阪府警は27日、飲酒運転の発覚を免れるために身代わりを立て、後輩に口止めしたとして、道交法違反(酒気帯び運転など)と犯人隠避教唆の疑いで逮捕した寝屋川署巡査長、大江翼容疑者(27)を懲戒免職処分とした。口止めを受けて、上司への報告を怠った同署地域課の男性巡査長(33)と女性巡査(21)は戒告処分とした。   監督責任を問い、男性署 […]

株式会社ジャストライト/福岡/中学校教諭/酒気帯び運転/さらに/当て逃げ/ひき逃げ

  • 2018.01.05

  山梨県中学校教諭飲酒運転発覚を免れるため…当て逃げとひき逃げの事件   先月、酒気帯び運転で現行犯逮捕された山形県米沢市の中学校教諭の男が、当て逃げとひき逃げ事件も起こしていたとして、4日、再逮捕されました。   過失運転致傷などの容疑で逮捕されたのは、米沢市立第二中学校の教諭・菅野彰浩容疑者(55)です。警察によりますと、菅野容疑者は先月24日、山形県東根市の国道で赤信号で停車中の乗用車に衝 […]

株式会社ジャストライト/福岡/飲酒運転/愛知県/夫婦で/夫が田んぼに転落/前方不注意

  • 2018.01.04

  夫婦そろって年始早々飲酒運転、別々の車で運転し、夫が田んぼに転落     飲食店で酒を飲んだ後に夫婦で別々の車を運転したとして、愛知県警は1日、同県津島市のアルバイトの夫(47)と無職の妻(35)を道路交通法違反(酒気帯び運転など)の疑いで逮捕し、発表した。2人とも「飲酒して運転したことは間違いない」と容疑を認めているという。   津島署によると、夫婦は12月31日午後10時過ぎ、市内の飲食店 […]

株式会社ジャストライト/福岡/沖縄県/八重山/飲酒運転しない心/川柳

  • 2017.12.30

  沖縄県八重山、泡盛に「飲酒運転しない心」のステッカー、しない、させない気持ちを思い起こす川柳作戦!   【八重山】「飲酒運転 しない心(くくる)に ニーファイユー(ありがとう)!!」。飲酒運転根絶を願う川柳が書かれたステッカーが八重山産の泡盛に貼られ、年明けにも出荷される。八重山署が考案し、八重山酒造協議会に加入する酒造メーカーの協力で実施される取り組み。飲酒の場面で川柳を目にすることで、飲酒 […]

株式会社ジャストライト/福岡/滋賀県/警備課の巡査長/飲酒運転

  • 2017.12.30

  滋賀県彦根署、警備課巡査長飲酒運転   滋賀県警は29日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、彦根署警備課の巡査長西村仁志容疑者(32=同県愛荘町安孫子)を逮捕した。県警によると、友人らとの忘年会で飲酒、自家用車を運転して帰宅していた。「早く自宅に戻って寝たかった。安易に乗ってしまった」と供述している。今後、処分を検討する。   28日午後9時20分ごろ、同県多賀町敏満寺の交差点内でハザードラ […]

株式会社ジャストライト・福岡・山梨県・飲酒運転・意識改革・ワースト1位

  • 2017.12.29

  山梨県警飲酒運転への意識改革進める、飲酒運転ワースト1位     山梨県内の飲酒運転事故件数が11月末までに全国ワースト1位となり、山岳遭難も過去最悪のペースで起きている。来年に向けた喫緊の課題となっていて、県警は「対策を強化していく」としている。【井川諒太郎】   県警交通企画課によると、11月末までに発生した原付きバイク以上の運転者が事故の第一当事者の人身事故は51件(前年同期比8件増)。 […]

1 8