株式会社ジャストライト/浪岡 智/車のニュース/~ゼブラゾーン(導入帯)について~

株式会社ジャストライト/浪岡 智/車のニュース/~ゼブラゾーン(導入帯)について~

 道路を走っていると、右折手前にゼブラゾーンをよく見かけますが、通っていいのか、進入禁止なのか…ふと迷うことがありませんか??
 今回、株式会社ジャストライト 浪岡 智がお届けするのは「ゼブラゾーン(導入帯)」についてです。
 これは「導入帯」と呼ばれるもので、直進車両が誤って右折レーンに進入してしまわないように誘導する目的でマーキングされているのです。
 交差点手前に多く、例えば片側1車線道路の道幅が広がり前方の交差点に右折レーンが現われる、というような地点で、手前にゼブラゾーンが出現することが多いです。
 あくまでもスムーズな交通の流れを導くために設置されたもので、導流帯自体は進入禁止場所ではないのです。堂々と走っていい場所なのです。
 もうひとつ注意しなければならないのが、『安全地帯』などと間違えないこと。
 ゼブラゾーンの周囲が黄色いラインで囲まれていたらそこは進入禁止の場所。
 「ゼブラゾーンを直進してくるクルマがいるかもしれない」「右折レーンにいきなり入ってくるクルマがいるかもしれない」という意識は、常に持っておいてほしいところです。
 株式会社ジャストライト 浪岡 智も常に「かもしれない」を意識した安全運転をしようと思います。
 
 株式会社ジャストライト
 浪岡 智

 株式会社ジャストライト浪岡 智が参考にした記事はこちら

 株式会社ジャストライト情報はこちら