株式会社ジャストライト/浪岡 智/車のニュース/~見直そう!正しい一時停止~

株式会社ジャストライト/浪岡 智/車のニュース/~見直そう!正しい一時停止~

 先日、私株式会社ジャストライト 浪岡 智の友人が、「長い間ゴールド免許だったのに、踏切前の一時不停止で警察のお世話になった・・・。」と嘆いていました。
 そこで今回、株式会社ジャストライト 浪岡 智がお届けする車のニュースは、「正しい一時停止をもう一度見直そう!」です。
 一時不停止は最高速度違反に次いで多いそうです。
 一時停止の位置は、「道路標識等による停止線がある場合はその直前、道路標識等による停止線が設けられていない場合にあっては、交差点の直前」になります。
 停止線を越えてしまったり、踏んでしまっている場合は一時停止と認められません。
 また、きちんと停まっておらず、車体がゆっくり進み続けている場合も一時停止と認められません。
 一時停止の時間は定まっていませんが、左右と前方を確認して発進するまでに数秒は必要だと思われます。
 違反した場合は、2点の減点と車両に応じた罰則金が課せられます。
 一時停止をしなければならない場所には、大きな事故が潜んでいるかもしれません。
 ドライバーの皆さん、「慣れた道路」や「走りなれない道路」、一時停止や安全確認を怠らないように、十分気を付けましょう。

 株式会社ジャストライト
 浪岡 智

 
 株式会社ジャストライト浪岡 智が参考にした記事はこちら

 株式会社ジャストライト情報はこちら